2014年04月08日

映画「TAXi」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 51 $の勝ち

今日は14時から快晴ですってラジャ(*゚ー゚)ゞ⌒☆

天気がいいならば遊びに出てみよう。。。ρ(▼、▼*)チェッ

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと思います!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
ってyahooレビューに載ってる感想ですがヾ(●´▽`●)ノ彡☆勹"ノヽノヽノヽノヽノヽ


今日は「TAXi」の感想を紹介しようかと思っています!!ぐ~♪ d(* ̄o ̄)


この映画が作られた年は1997年です!

監督はジェラール・ピレスで、脚本がリュック・ベッソンとジェラール・ピレスです(゚∇^*) テヘ♪

この映画のメインは、サミー・ナセリ (ダニエル)です(~ヘ~;)ウーン

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、フレデリック・ディーファンタル、マリオン・コティヤール、エマ・シューベルイ、ベルナール・ファルシーって感じですねヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪

今までリュック・ベッソンの作品で観て良かったと思ったのは

「ジャンヌ・ダルク」1本だけ、残りは

全て「観るんじゃなかった」だっただけに

今回の収穫感は大きい。



よって著しく点数が高めに歪められた可能性は

あるが、これはけっこう面白いんじゃないかと私は

思った。

主人公の微妙な不細工度が非常にちょうど良く、

けっこうこの好感度に依存しているような気は

する。



他の車がボコボコになって行く中で

サミー・ナセリのプジョーだけがどんなに

突っ込んでもピカピカのまんま、というのが

泣かせる。



ホームドラマと刑事物のかなり無理目なバランスもフランス映画ならで

はの良い味出しているし、フランスのおバカなコメディに

抵抗のない人ならわりと素直に楽しめるんじゃないだろうか。



ハリウッドよりこっちの方が似合う監督なんだろうな、

きっと。





◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~キラッ ( = ̄+∇ ̄=)v イエーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は三暗刻を説明したいと思います!!!!( ̄▽ ̄)うへへへぇ~


三暗刻(さんあんこー)

手の中に暗刻(自分で同じ牌3枚を集める)を3つ作ったら成立するんですね。


鳴いていてもいいですが、下図のようにシャンポン待ち(or待ち)のツモは成立するんだが、
出和了りの時、暗刻(アンコ)はないので成り立たない。 


6s 6s 6s 8s 8s 8s ①筒 ②筒 ③筒 6筒 6筒 ①ピン ①ピン


鳴いても成立するんですねが、ロンの時のみ不成立となります際があるため、
上記で確認ください。

複合役:役牌・対々和(トイトイホー)・三色同刻・混一色・チンイツなど



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

三暗刻(出現割合:0.76%)
暗刻を3つ用意する。対々和や役牌を狙おうと考え、他家が捨てるのを待っている間にできあがるというのが面白い役。基本的に対々和と絡むので、自然と手が満貫以上になりやすい。四暗刻テンパイの場合、ロンあがりでできるケースもかなり多い。とは言え比較的に狙いに行く役でも無いので手牌と相談しながら打ちまわそう。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ…c(゚^ ゚ ;)ウーン


今から14時間後には待ち焦がれた浜学園の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~V(○⌒∇⌒○) ルンルン

DORA麻雀の評判を調べてみよう


どら麻雀




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 10:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。