2014年04月07日

映画「リトル・マーメイド」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 152 $の負け

3日前血液検査の診断結果が返ってきました( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ

その診断結果はというと・・・
全て健康勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!

ふ~問題が無くて本当に良かった
近頃、太極拳を週5でしてるせいですかね?v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪

来月からも続けよう('-'*)エヘ

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

ここのところツタヤにぞっこんラブなので映画のレビューをご紹介したいと燃えております。(´_ゝ`)クッククク・・(´∀`)フハハハ・・( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

え??自分のレビューは??
なんてツッコミはスルーで(^○^)


本日は「リトル・マーメイド」の感想ですね!わ~い♪\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/わ~い♪


この映画が作られた年は1989年です!!

監督はジョン・マスカーとロン・クレメンツで、脚本がジョン・マスカーとロン・クレメンツです!!ィェーィv(▼ω▼メ)ゞ

この映画の主役はアリエル (ジョディ・ベンソン)やトリトン (ケネス・マース)です!!;;;;(;・・)ゞウーン

取り敢えず、この映画の声優さんを列挙すると、ジョディ・ベンソン、ケネス・マース、サミュエル・E・ライト、ルネ・オーベルジョノワ、エディ・マックラーグってな感じ。_・)ぷっ

ディズニー・プリンセスの中で最も等身大の女の子。



我が娘のお気に入りプリンセスでもある。





性格の良し悪しではなく、キャラクターの魅力は

たしかにずば抜けているかも。

お話はアンデルセン童話とは全く異なるハッピーエンドのミュージカル。

べつに悪くはない。



ただ、うちの娘は一度気に入ると、

同じものばっかり観続ける(『となりのトトロ』『アラジン』が

最長期間のヘビーローテーションで

した)んですが、これはいっしょに

観ててちょっと飽きたかな。



たぶん絵が単調なんだろうか。

例えば『アラジン』の空飛ぶ絨毯の動きの繊細さとかジーニーの表情の豊かさだとかって何度観ても楽しめるんだけど、

『リトル・マーメイド』にはそういった絵の魅力が

乏しかったような。



せっかく人魚の尾ひれとかセバスチャンの動きとかアニメーションとしての見せ所の多い設定なのに





鑑賞環境は字幕版も観ていますがオリジナル音声が

思い出せないくらいに吹き替え版を

観まくってますんで「吹替」にしときます。



◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~。ワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は三色同刻を説明したいと思います!( ̄∇ ̄)


三色同刻(サンショクドウコウ)とは、麻雀における役のひとつ。

マンズ・索子(ソウズ)・ピンズそれぞれの色で同じ数字の刻子(コウツ)(槓子も含む)を作った時に成り立つ    フラー ~~~(((m-_-)m|EXIT|

2翻。喰い下がりはない。

ただし、メンゼン3ハン、喰い下がり2ハンとするローカルルールも存在します。
ポンをして作ることが多いことから、三色同ポンとも呼ばれる。
略称は三同刻(サンドーコー)、三同ポン。

同じ三色役ですね三色同順と比べると出現頻度は非常に低い。

実戦でも滅多にお目に掛かることはなく、三槓子(カンツ)と並んで幻の2翻役と呼ばれることもある。


大抵の場合ポンして作ることになるが、2つ晒した際点で充分に目立ってしまうため、
できれば最低1つは暗刻になっているのが望ましい。

対々和(トイトイホー)と複合することが多いが、自力で3種とも暗刻にした時は
三暗刻(サンアンコ)と複合し、中張牌の三色同刻(さんしょくどうぽん)の際は断公九と、
一九牌の際は混老頭と複合することもありうる。
{
{しかし}}、三色同刻(サンショクドウコウ)自体が非常に珍しい役ですねため、
複合云々を考える以前に効率度外視で和了りに行くような時も見られる。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 97 $の負け & 映画「ラスベガスをやっつけろ」について

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。;;;;(;・・)ゞウーン


この辺りで!
今日は手が痛いなあ
腹を冷やさないようにして寝ます。おやすみ~。川*'-'*川ノ~☆・*。.:*・゚☆オヤスミ♪



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 18:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。