2014年04月06日

DORA麻雀の役「清一色」 & 映画「アイアン・スカイ」に関して

一昨昨日は凄い雷だったな~ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノ

雨が降ったせいで汚い服が一杯溜まってしまった・゚・(ノД`;)・゚・

本日は洗濯( ̄m ̄* )ムフッ♪
ついでに心の洗浄もするか~┗┫´,_ゝ`┣┛プッ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

近頃映画にぞっこんラブなので映画の感想をご紹介したいと思います!!!\(^▽^)/

はい!?お前のレビューは??
って感想は華麗にスルーしますy( ̄ー ̄)yピースピース


今回は「アイアン・スカイ」の感想を紹介したいと思っています!!(*'ー'*)ふふっ♪


この映画の製作年は2012年です!!!!

監督はティモ・ヴオレンソラで、脚本がティモ・ヴオレンソラです!ヾ(@^(∞)^@)ノわはは

この映画でメインで出てくる人は月面青年団伍長 レナーテ・リヒター演じるユリア・ディーツェです!!( ̄-  ̄ ) ンー

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ユリア・ディーツェ (月面青年団伍長 レナーテ・リヒター)、ゲッツ・オットー (月面ナチス親衛隊准将 クラウス・アドラー)、ウド・キア (ウォルフガング・コーツフライッシュ総統)、クリストファー・カービイ (ジェームズ・ワシントン)ってな感じ☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!

月面の硬質な近未来空間と、黒づくめのユニフォームを

始めとする旧態依然とした第四帝国の武骨なレトロ感覚。



両者がモノクロ画調の中でよくマッチしている。



そのナチズムの形式主義を茶化したギャグは

ルビッチの『生きるべきか死ぬべきか』を

少し思い出させてそれなりに面白いけれど、

こちらは若干くどい。

クライマックスの決戦ではヒロイン:ユリア・ディーツェを

もっと活躍させる事が出来たはずだし、

クリストファー・カービーとの協調と連携も淡白すぎる気が

しないでもないが、二人の微妙な関係性は

本作の面白味だ。





宇宙間戦闘のSFXも健闘している。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

麻雀の役って一杯ありますよね~( ´艸`)ムププ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は清一色に焦点を当てたいと思います!!!![壁]^▽^)キャッキャッキャッ


チンイツというのは良くねらってみたくなる役の一つですよ。
ここでは、師匠役の大木と生徒役の谷口の2人に出てきてもらいましょう。


・1種類の数牌で成立
・ポン・チーをすると6翻→5翻に下がる
・捨牌が片寄るので相手に読まれやすい
・多面待ちになるんですため初心者泣かせの役
・面前の清一色(チンイツ)は「タテチン」「メンチン」などと呼ばれるヾ(;´▽`A``アセアセ


大木『役の意味はわかりやすいのですが、
実際に目にすると非常に複雑になる場合も多いです。

面前で6翻、ポン・チーしても5翻と高得点なんですが…ヽ( ´ー)ノ フッ
以下の待ち牌は何かわかりますか?』


2223456777999


谷口『ちょっとややこしいな。ゆっくりと考えさせてくれたら、わかるんだけどな…』


大木『この際の当たり牌は8種類


12345678


儂ならあたり牌を算出するのに1秒もかかりません。

2011年に始まった「dora麻雀」などのネット麻雀では絶対に時間制限があるのです。

リアル麻雀でも目の前に人がいるから焦るのは間違いないです。
変な牌を切ったり、狭く受けてしまったりと失敗も多いですね。


特に自分のオールの当たり牌を把握しておかないと「フリテン」がらみの失敗もあるため注意してください。

上がれると思ったのに、実は自分ですでにあたり牌を捨ててしまっていた際とかですよ。

ネット麻雀ではロンできますボタンが押せないので大丈夫ですが、
リアル麻雀ですとあがれもしない牌で「ロン」と言ってしまって
せっかくの高得点チャンスに逆に反則金を支払うことになったとかメンチンがらみの失敗談も多いです。


とはいえ、上級者になってもこのメンチンは苦手だって人は多いので練習あるだけだと思います。

索子一種類だけでやる「バンブー麻雀」というフラッシュソフトがネットで単純にプレーできますから練習したい人はやってみてください。

それから人間の場合は「ブレーキが効かない」のも清一色の弱点かもしれません。』


谷口『ブレーキが効かないってのはなんだ?』


大木『非常に難易度の高い高得点の役だから魅力的です。
テンパイの1つ手前、テンパイになってしまったら「どうしてもあがりたい!」
みたいな衝動にかられて、突っ走ってしまいがちです。

結果、危険な牌だとわかっても捨ててしまいロンされてしまうということになるんです。

確かに高得点なのでリスクを冒す価値のある役ではありますが、
時に思いとどまって清一色の手を崩してでも相手の危険牌を止める勇気も必要だ
と覚えておいてください。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。・・・( ̄  ̄;) うーん



DORA麻雀

今晩はこの辺で
しっかし今日は何故か腕が痛い。。治ってほしいなあ。。
明日もあるしおやすみ~お(*'o'*)や(*'O'*)す(*'。'*)みぃ(*'-'*)ノ""

DORA麻雀の評判はどない?




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 20:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。