2014年04月02日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 58 $の負け & 映画「8月のメモワール」について

いやーまずい。。昨日、健康診断の結果を渡されました。ー((( ^o^)ー(( ^o^)ー  一緒に落ちます♪

診断結果は・・・う~~ん。マ・マテー♪((((* ̄  ̄)/..................(((/||| ̄▽)/ゲッ

まあ食事制限かエクセサイズをしないと駄目だから
う~ん、ダイエットか。。(ノ_・、)シクシク

節食は不可能なので
運動だろうな。ヤレヤレ<(´ロ`')o

何にしようか?(;~〓~) アセアセ
運動と言えば野球だろうか
私にとっては(-。-;)

けど、独りでやるとやると継続できる自信がありません∑(; ̄□ ̄A アセアセ
誰か一緒にやれるパートナーを誘わないと(▼∀▼)ニヤリッ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと考えていますo(^▽^)oキャハハハ
ってyahooレビューに載ってる感想ですがヾ(⌒∇⌒彡☆キャッキャッ彡☆⌒∇⌒)ツ


本日は「8月のメモワール」の感想を紹介したいと思っていますヾ(。ё◇ё。)ノ ぐへへへへ♪


この映画の製作年は1995年です。

この映画の主役はイライジャ・ウッド (ステュ・シモンズ)とケヴィン・コスナー (スティーヴン・シモンズ)です!!!( ̄へ ̄|||) ウーム

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、メア・ウィニンガム、ルーカス・ブラック、クリスティーン・バランスキー、ニック・サーシーってな感じ(o゚▽゚)o゚▽゚)o゚▽゚)oニパッ ニパッニパッ

ただ、触れるか触れないかの..そんな些細な出来事に

カッとなった時の自分が恥ずかしくて耐えられない時が

ある。





怒りが収まった後で、そんな自分に

悲しくなる時がある。





そしてこの作品を観て、父親が言った言葉が

胸に突き刺さった。





人に優しくありたいと。



自分の立つ瀬に拘るよりも、人を思いやろうと。



その為に自分の命が危ぶまれ様と後悔しない生き方を

送りたい。





そして、もし自分にこんな父親が居たら...自慢に

したい。

「私の父はこんなに素晴らしい」と。



今の私には教訓になる作品だった。





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

麻雀の役って一杯ありますよね~。( ̄▽ ̄) ニヤ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は字一色に焦点を当てたいと思います!!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


字牌だけで役を完成させると、字一色という役満になるんです(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ウキャキャキャッ

字牌は東南西北という4種類と白發中という三元牌(さんげんはい)の3種類、合計7種類があるのです。

字牌は数字がないため、順子で集めることはできないのです(;~〓~) アセアセ

すべて刻子(コウツ)で集め、それが4面子(メンツ)と頭が2枚揃うことで初めて字一色(ツーイーソー)となる。


字牌というのは対子(トイツ)や刻子になっていなければ不要牌として、
常に早い段階で捨てられる運命にあるのですヽ( ´ー`)ノフッ

そのため、字一色(つーいーそー)を作っていくには配牌の段階でたくさんの対子(トイツ)があって、
こうした捨て牌をポン可能です体制になっている必要がある(oT-T)/) ココジャー


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

字一色(出現割合:0.008%)
字牌が大幅に偏った時、手の中に見える「混一色、対々和」の目の前の上がりをいかに捨て強欲に走るか、"欲を出すセンス"が問われる役満。
手広く打った場合は「混一色、対々和」に惑わされ、それでも突っ走るならばその牌を終盤に切るという大きなリスクを背負い、また序盤で決め打ちをする男らしい打ち方は出上がりの可能性を大きく損ねてしまう。欲の見せ所だ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。(-_-;ウーン


今から数時間後にはついに待ち焦がれた幼稚園の友だちとの麻雀です。
楽しみだ(∠T▽T)ノ彡☆ハライテ・・

DORA麻雀 登録


麻雀ブログ




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 01:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。