2014年03月29日

映画「オーケストラ!」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 162 $の負け

本日は正午過ぎから雨みたいだわΣ( ̄ε ̄;|||・・・

天気がわるいなら嫌だな~(゚∇゚ ;)エッ!?

同僚との約束があるんだよね(〃 ̄▽ ̄〃)_・) ソォーッ
まっ、いっか♪
キャンセルだ川 ̄┏ー┓ ̄川ニヤリ

---------------------------------

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と考えています!プププッ (*^m^)o==3
とは言ってもyahooレビューですが(゚m゚*)プッ


本日は「オーケストラ!」の感想を紹介しようかと思っています!!!!ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪


この映画の製作年は2009年です

監督はラデュ・ミヘイレアニュで、脚本がマシュー・ロビンス、ラデュ・ミヘイレアニュです\(^▽^)/

この映画のメインは何と言っても!!!アンドレイ・フィリポフ演じるアレクセイ・グシュコフです!!!(ーー;).。oO(想像中)

この映画の他の俳優さんを列挙すると、メラニー・ロラン、ミュウ=ミュウ、リオネル・アベランスキ、フランソワ・ベルレアン、ヴァレリー・バリノフ、アンナ・カメンコヴァ、ドミトリー・ナザロフってな感じヤッタァー!\(`∇\)(/`∇)/ヤッタァー!

予想に反してベタな笑いドコロがふんだんに

盛り込まれており、よく笑わせてもらいました。

全編を通して人情喜劇的な流れの中、

今もロシアの人々の心やロシア国内に

根深く残っているのであろうソ連の時代の負の影響や、

人々のその時代への様々な思いが分かりやすく上手く描かれていました。



最後に来て最高の盛り上がりを見せるコンサートのシーンは

素晴らしかったし、メラニー・ロランの輝く存在感が

際立っていました。



更に、残念ながら他の作品を見る機会が

なかなか無いロシアのベテラン俳優たちの人間味あふれるコミカルな演技も素晴らしかったで

す。







---------------------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~。o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は純チャンを説明したいと思います( ^^)/ロ≧☆チン!≦ロ\(^^ )


喰い下がりありの三翻役(鳴いた時二ハン役)。

チャンタの字牌がないバージョン、
つまり11・99・123・789・111・999だけで構成する役です。

見ての通り難易度は高く、そしてバレバレです。

11・99・111・999だけで構成した場合、清老頭という役満になるんです。

面前で上がるのも困難だけど、
鳴いてしまうと手変わりの余地がほとんどなくなってしまうという大きなリスクを背負うことになりますヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~

難易度・リスク・打点から見て積極的には狙うべき役ではないだろうヾ(;´▽`A``アセアセ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

純チャン(出現割合:0.38%)
全ての順子、暗子、雀頭が一・九が含まれる手。手の上がりにくさは役満以上の割に、三飜は少し微妙だと感じる。しかも他の役との複合も基本的には望めず、それでいて4,5,6を全て切っていくのでリスクも非常に高い。
しかしその頻度と見た目から役自体の人気も高い。従来のオンラインゲームなら少し偏れば狙いに行こうか迷う場面もシバシバあるが、お金がかかっているDORA麻雀では少し厳しいか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。σ( ̄、 ̄=)ンート・・・


今から11時間後にはやっと浜学園の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだ(  ̄ー) ヨコガオニヤリ



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 19:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。