2014年03月24日

映画「生きものの記録」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 29 $の勝ち

本日のやじうまプラスでは最高の運勢でしたため、
今日は新しいことに挑むべきか。。
近頃、燃えろ!!プロ野球をやってみようかなとウズウズしてるんですよねほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)
新しいことってゲームなんかよとの感想を持たれそうですが
余暇の過ごし方って人生において重要な要素なんです[出口](((ノ´ω`)ノ~)))))スタタタタッ
同意?
必要ないです(*≧┏∇┓≦*) ブヒャ!

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と思います。()( )( ) (  ̄) (  ̄ー) ( ̄∇ ̄)ニヤッ
と言ってもyahooレビューに載ってる感想ですがv(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪


今回は「生きものの記録」の感想を紹介しようかと思っています!(^ー゚)ノヤッタ♪(ー゚ ノ)クル(゚ ノ)クルヽ() クル( ゚ー)クル(゚-^v) ブイ♪


この映画が作られた年は1955年です

監督は黒澤明で、脚本が橋本忍と黒澤明です!( ̄ー ̄)ニヤリッ

この映画でメインで出てくる人は三船敏郎 (中島喜一)です!!!!(・・*)。。oO(想像中)

この映画の俳優さんは、三船敏郎、志村喬、佐田豊、東郷晴子、青山京子、千秋実、三好栄子、根岸明美、太刀川寛、上田吉二郎って感じですねヾ(∇'〃)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!

水爆を怖がるガタイのいい爺さんが怖い!!しば

しば喜一は水爆への恐怖で錯乱し暴れて、

家族をパニック状態に落しいれる。



特に最初の裁判所の迫力は凄まじい。



マルチ・キャメラ撮影は、圧迫感で

むせ返る様な臨場感を醸し出すのに

成功している。



私は中島家の人々と一緒に困惑し恐怖に

慄いた。





夕立の閃光瞬く中「こんな馬鹿な物を

作りやがって!!」と水爆実験の記事が

載っている新聞を引き破るシーンを

見て私は子供のとき見た第一作目の「ゴジラ」の恐怖が

蘇って来た。



他にも濃密な絵の連続で、完全に映像が

テーマを凌駕している。

映画にとって最も幸福な例である。



故に、しょうもない啓蒙や説教に墜落するのを

回避出来ている。



と言う訳で私はこのテーマや喜一に

は全く感情移入が出来なかったが、

「ゴジラ」同様、自分の理解を超えたものへの恐怖を

存分に堪能した。



ウーン流石東宝。



特撮映画の最高傑作!!次はサンダとガイラ対中島喜一で

御願いします。



◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

麻雀の役って一杯ありますよね~ ヾ(@°▽°@)ノあはは 
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回はチャンタに焦点を当てたいと思います!!わーい♪ヽ(∩。∩゛ヽ)(ノ〝∩。∩)ノわーい♪


1や9の牌や字牌という老頭牌を一切使わずに手を作ると断公九という1翻の役になるキャハハ!!ミヾ(^∇^*)乂(=^∇^)ツ彡アハハ!!


この反対に、老頭牌に関連する面子(メンツ)だけで手を完成させると、
チャンタという役になります。

123と789という順子(シュンツ)も老頭牌に関連しているため、使っても構いません。

勿論字牌も老頭牌ですので使っても構いません。

混全帯公九はメンゼンで作ると2ハン、鳴いても1翻の役が付きます。

儂の印象では、作りにくい割には役が低いように思いますため、
あまりおトク感はありません。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の2ch評判

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

チャンタ(出現割合:1.24%)
単品ではなく「役牌」や「一盃口」「混一色」も視野に入れて作る傾向がある役。
三人麻雀の場合、マンズの2~8が省かれるので比較的に簡単に上がれる様な先入観があるが、実際は三人麻雀でもその出現率は想像以上に低い。何か他の役を狙いに行くついでに視野に入れる、といったスタンスで良いだろう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ"o(-_-;*) ウゥム…


今晩はこの辺で
しかし今日は頭が痛いなあ
疲れたので寝よ~っと(・O・。)お(・▽・。)や(・.・。)す(・ー・。)み

DORA麻雀のレート




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 06:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。