2014年03月19日

DORA麻雀の役「三色同刻」 & 映画「シークレット ウインドウ」に関して

陽気も完全に変わって夏が終わり秋だね(((((・_・;)
就寝時はちょっと肌寒く感じブランケットがなかったら風邪を引いてしまわないか心配です
インフルエンザにならないよう気を引き締めよう!--- ==ΞΞ ヘ(ヘ(ヘ(ヘ(ヘ(ヘ(ヘ(ヘ(≧▽≦)ノ

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

近頃映画にぞっこんLOVEなので映画のレビューを紹介していきたいと燃えております!!!(▼-▼*) エヘ♪

え!?あなたの感想は?
という感想はスルーでV(^∇^)o\o(^∇^)V フォフォフォ


今回は「シークレット ウインドウ」の感想を紹介しようかと思っています!!!ヾ(@^(∞)^@)ノわはは


この映画が作られた年は2004年です!!

監督はデヴィッド・コープで、脚本がデヴィッド・コープです!!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

この映画でメインで出てくる人はジョニー・デップ (モート・レイニー)です!!o(´^`)o ウー

この映画の俳優さんは、ジョニー・デップ、ジョン・タートゥーロ、マリア・ベロ、ティモシー・ハットン、チャールズ・S・ダットンってな感じヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

ホントに最近はこの手のオチが多い。



もうミステリーやサスペンスのアイデアは

枯渇してしまったのだろうか?原作が

いつ書かれたものかは知らないけど、

ここまでストレートな「多重人格・妄想ネタ」は

さすがに食傷気味。



もはや現代では、この手のジャンルを

あまり見慣れていない人でも、この程度の「オチ」は

予測の範囲に入っているでしょう。



結局、脳内妄想ならどんな不可解な謎を

出しても、あっさり片がつけられるからと言う、

安易な感覚で採用されてしまっているような気が

する。





途中までの追い詰められていく雰囲気は

良く出ているし、安易に恋人が助けに

来てハッピーエンドとしなかった点などは

評価できるが、やはり「脳内妄想」という、

ありがちなオチで妥協してしまったのは

残念。





◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~(ё_ё)キャハ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は三色同刻に焦点を当てたいと思います!!!!(*≧m≦*)ププッ



刻子(コウツ)を中心に作る手の中で、とても美しい役があります。


3種類ある数字牌の同じ数字による刻子(コウツ)を3つ揃えると完成する三色同刻(さんしょくどうこう)で、
役は2翻ですが、2ハンにしてはかなりの難易度です。

ポンをしても成立するんですね役ですが、
記憶の限りでは俺はこの三色同刻(さんしょくどうこー)を和了ったことがないですp(´⌒`。q)グスン


順子(しゅんつ)で構成する三色同順であれば頻繁に見ることができるのですが、
こちらは幻の役を言っても良いかも知れません。実際に上がることができたとしても、
意識して作るのはかなり難しいのではないかと思います。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


麻雀kingに俺はなる!

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。「(´へ`;ウーム


今から8時間後には待ちに待った予備校の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~x・)ぷっ



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 15:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。