2014年03月18日

映画「ラストサマー2」のレビュー & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 88 $の負け

昨晩も強い雨でしたね(T-T )( T-T)ウルウル

雨のせいで衣類がたくさんたまってしまったからな、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)

今日は洗濯("▽")化ッ (旭化成風)
それと心の洗濯もしよかな~ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を伝えたい!と思います!ヤッター! (  ̄▽)爻(▽ ̄ ) ヤッター!
とは言ってもヤフーにある感想ですが(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪


本日は「ラストサマー2」の感想を紹介しようかと思っています!Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ


この映画の製作年は1998年です!

この映画のメインは、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット (ジュリー・ジェームズ)です。σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、フレディ・プリンゼ・Jr (レイ・ブロンソン)、メキー・ファイファー (ティレル)、マシュー・セトル (ウィル・ベンソン)、ミューズ・ワトソン (ベンジャミン・ウィリス)、ビル・コッブス (エステス)、ジェフリー・コムズ (ブルックス)、ジェニファー・エスポジート (ナンシー)、ジョン・ホークス〔1959年生〕 (デイブ)って感じですね。 ワーイ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ 

ん~・・。





続編必要あったのかな?まぁ、今回も主人公とは

関係の無い、ただそこに居合わせたってだけの人が

次々と殺されるんですが、前作は、

「犯した罪の秘密の共有」というサスペンス要素が

あったのですが、今回はメインキャストで

すら、主人公の犯した罪のとばっちりで

、展開が強引すぎるにもほどがある。



殺人鬼のベンジャミンも、それほどインパクトが

あるわけでもないし。



ただ、しぶといってだけ。





しぶといってだけで、ジェイソンやフレディと肩を

並べようなんざ、ちゃんちゃらおかしいぜ。



無駄に主人公がナイスバディなんだけど、

むしろもうそこしか見所がなくなってきてる。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は地和に焦点を当てたいと思います(・-・*)ヌフフ♪



親が配牌の段階で上がるのが天和というのに対し、
子が配牌で聴牌になっていて第1自摸で上がることができれば、こちらは地和(ちーほー)です。

親が天で、子が地という粋なネーミングですが、どちらも役満です((o(∇^*o)ワクワク(o*^∇)o))


こちらについては子の役満ですから、親が1万6000点の支払い、
子はそれぞれ8000点ずつの支払いとなるんですプハァー ~~-v( =´o`=) 。o 〇 ○
第1ツモで役満をやられてはたまりませんが、
実際にこれが発生する確率は非常に低く、長い麻雀人生においてもまず見ることはありません(゚ー゚;Aアセアセ



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


麻雀の戦略やその他諸々

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

地和(出現割合:0.00158%)
子の場合のみ、第一ツモで上がるときの役満。
天和/地和はまず出ない、と思われがちだが、天和よりは全然出現率は高い。
とはいえ、その数字自体の分母が圧倒的に低い運100%の役満なので、いつか出ることを祈って打つぐらいで良いだろう。人生で一度くらいはお目にかかりたい役満の一つだ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。・・・( ̄  ̄;) うーん


明日は待ちに待った小学1年生の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだなあ~~(_ー_)逆ニヤリ



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 21:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。