2014年03月25日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 159 $の負け & 映画「Mr.ディーズ」の感想

今こそ「スポーツの秋」やから、
スポーツを始めようか(〃_ _)σ∥イヂイヂ・・・

何が俺に適してるかな?( ̄Д ̄;;
やはり手軽にできるスポーツでないと問題がありますからね
だってシンドイと続かないですからね( ̄▽ ̄) ニヤ

さっさと考えよ柱| ̄m ̄) ウププッ

------------------

ここの所映画大好きーな感じなので映画のレビューをご紹介させて頂きたいと燃えております!!!プププッ (*^m^)o==3

え??テメエの感想じゃないのかよ!?
なんてツッコミはスルーで\(^▽^)/


今日は「Mr.ディーズ」の感想を紹介したいと思っています!( ^∇^)キャキャキャ


この映画の製作年は2002年です

監督はスティーヴン・ブリルで、脚本がロバート・リスキンとティム・ハーリヒーです!^(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)^

この映画の主役はアダム・サンドラー (ロングフェロー・ディーズ)とウィノナ・ライダー (ベイブ・ベネット)です!!!"ノ(-________-;)ウゥーム・・・

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
アダム・サンドラー (ロングフェロー・ディーズ)、ウィノナ・ライダー (ベイブ・ベネット)、ジョン・タートゥーロ (エミリオ・ロペス)、アレン・コヴァート (マーティ)、ピーター・ギャラガー (チャック・セダー)、スティーヴ・ブシェミ (クレイジー・アイズ)、コンチャータ・フェレル (ジャン)、ジョン・マッケンロー (本人)、ウォルター・ウィリアムソン (カート)、ティム・ハーリヒー (消防士)ってな感じ(^_-)vブイブイッ

オリジナルは未見ですが、シンプルなストーリーを

なんでアダム・サンドラーでリメイク?な疑問は

見終わっても消えません。



そのまんまリメイクじゃなくてもちぃとひねってもよかったんじゃないかなぁ~って思います。



なんかすっかり大人になった感が溢れて一瞬分からなかったウィノナ・ライダーが

頑張ってますがただそれだけの印象しかなかったで

す。



まぁ笑えそうで笑えない普通のコメディ映画っていう雰囲気なので

アダム映画としては不満タラタラで

す。





------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~ψ(`┏Д┓´)ψケケケ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は槍槓を説明したいと思います!ホホホΨ(-◇-)Ψホホホ~~


一翻役の1つ。他家が加槓を宣言した場合に、
その牌が自らの和了牌であればロン和了できる。

この時、加槓したものがふりこんだ扱いになりますァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、


槍槓が成立するんだと加槓は不成立になるから、
槓(カン)ドラは発生しないんだ。イッパツも有効。


加カンに対しての役だけど、
国士無双に限りアンカンに対しての槍槓(チャンカン)を認めるルールになっている場合がある。

なお、槍槓(ちゃんかん)見逃しはフリテンルールが適用されるので
注意が必要。


搶には「奪い取る」という意味がある。
つまり槍槓は「カンを奪い取る」ということですね。


二索を槍に見立て、二索で槍槓(チャンカン)すればマンガンとするルールも
存在したが、古役であり今採用されている場合は稀。

似た役に五筒開花(五筒で嶺上開花)、一筒模月(一筒で海底模月)、
九筒撈魚(九筒で河底撈魚)がある。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

槍槓(出現割合:0.05%)
他家が加槓(小明槓/ショウミンカン)した牌が当たり牌だった場合に成立。
一翻役とは思えないぐらい出現率が低いので、狙うとか狙わないとかの話ではない。
強いて言えばリャンピンが場に3枚出て、イーピンを他家が鳴いた時、待ちがイースーピンの場合、不要牌であるイーピンは必ず出る……ということもあるだろうが、一翻役とはいえ決して狙いに行く役ではない。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー


今から8時間後には待ちに待った告白タイムだ。
早く来ないかなニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 21:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」の感想 & DORA麻雀の役「タンヤオ」

今から「スポーツの秋」ですし、
スポーツを習慣化させることにしよう( ̄― ̄)(―_―)( ̄― ̄)(―_―)ウンウン

何がミーに適してるかな?アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ~♪
スポーツと言えばボウリングなのかな
私にとっては(〃゚д゚;A アセアセ・・・

けど、独りでやるとやると継続できる自信がないですフル(・_・ 三・_・)フル フル(・_・ 三・_・)フル
誰か一緒にやれる仲間緩墓アハハハ!! (o_ _)ノ彡☆ポムポム☆ミヽ(_ _o)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と思います!!ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ
と言ってもyahooレビューですが(o゚▽゚)o゚▽゚)o゚▽゚)oニパッ ニパッニパッ


今日は「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」の感想を紹介したいと思っています。プー!(*≧m≦)=3


この映画の製作年は1999年です!!!!

監督はマイケル・アプテッドで、脚本がニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド[脚本]です。ばんばんっ!┃ヾ(≧▽≦)oひゃっはっはっ!!

この映画のメインは、ジェームズ・ボンド演じるピアース・ブロスナンです(・へ・;;)うーむ・・・・

この映画の出ている人を列挙するとピアース・ブロスナン (ジェームズ・ボンド)、ソフィー・マルソー (エレクトラ・キング)、ロバート・カーライル (レナード)、デニス・リチャーズ (クリスマス・ジョーンズ博士)、ロビー・コルトレーン (ヴァレンティン・ズコフスキー)、ジュディ・デンチ (”M”)、デズモンド・リューウェリン ("Q")、ジョン・クリーズ ("R")、サマンサ・ボンド (ミス・マニーペニー)、コリン・サーモン (チャールズ・ロビンソン)ってな感じ。ニャハハ(*^▽^*)

007シリーズは大作路線で行き詰まるとドラマを

掘り下げた作品を製作するということを

歴史上何度かやっていますが(「女王陛下の007」「消されたライセンス」「カジノ・ロワイヤル」)、

本作もその系統の作品のひとつ。



ボンドとボンドガール、そしてテロリストの愛憎入り混じる濃厚な三角関係が

物語の軸となりますが、素晴らしいのが

ボンドガールのエレクトラで、自身が

誘拐の被害者である上に父親までを

テロリストに殺された不幸なヒロインとみせかけておいて、

実はボンドとテロリストの両方を手玉に

とる究極の悪女だったという、シリーズ中で

も屈指の名キャラクターとなっています。





演じるソフィー・マルソーは美貌も演技もほぼ完璧で

、知名度のある彼女をボンドガールに

起用するという異例のキャスティングが

功を奏しています。



しかし、彼女を取り巻くボンドとレナードの描写が

浅いために、製作側が意図するほどドラマが

深まっていません。

エレクトラはボンドもレナードも愛していない、

しかしボンドとレナードはエレクトラを

心から愛し、両者とも彼女のために

命を張っているわけです。



劇中ではこんな美味しいドラマが展開されているので

すが、監督の演出が単調で両者の感情に

迫り切れていないため、せっかくのドラマが

観る側にほとんど伝わってきません。



エレクトラ亡き後にも殴り合いを続けるボンドとレナードの姿などは

、きちんとした脚本と演出があれば

相当な名場面になったはずなんですけどね。

さらに、ジョーンズ博士やロシアンマフィアといったサブキャラクターの絡め方が

うまくないため、物語が物凄く分かりづらくなっていることも大きな欠点で

す。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回はタンヤオに焦点を当てたいと思います!!!d=(´▽`)=b ィェーィ♪


手牌が全て2~8の数牌で成立します。片方のテンパイであがると成立しますが、
もう片方での和了りは成立しない時もあります。


例えばこういうのですアセアセ( ̄_ ̄ i)タラー


2萬 3萬 4萬、⑦筒 ⑦筒 ⑦筒、4s 4s 4s2筒 3筒③ピン③ピン


一般的には、アリアリのルールがほとんどですが、
完全先付けと鳴いタンなし(ナシナシ)というルールを自分達が決めた時は、
上の手牌のように役牌が確定していないのに鳴く際他に役がないとアガルことができないブン( ̄ω ̄= ̄ω ̄)ブン


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の場代ってどうなの?

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

タンヤオ(出現割合:21.4%)
2~8までで揃える役。
喰いタンが有りのDORA麻雀では早上がり重視でかなりオーソドックスな役。
喰いタン有りというのはDORA麻雀の大きな特性で、鳴きが好きな人からすれば嬉しい役だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。( ̄ヘ ̄)ウーン


今日はこの辺で
けど今日はお腹が痛いなあ
お休みなさい(・O・。)お(・▽・。)や(・.・。)す(・ー・。)み

DORA麻雀の評判




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 05:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。