2014年03月14日

映画「ウォーターワールド」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 192 $の勝ち

この秋はさみーです(`o´ヾ アイアイサー!!

そんなわけでサンマが旬!ポカ!(`O´)/☆★☆★(((*_*))))アイタ!

サンマに合わせる料理を考えると大根おろしとカボス添えでしょうねブワッハハ!(▼▽▼)人(▼▽▼)ブワッハハ!!


これに軽く「藤波」を飲むと最高ですヽ(*^^*)ノ

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

近頃映画にハマっているのでオススメ映画の感想をご紹介したいと思います(T▽T)アハハ!

ってあんたのレビューじゃないのかよ!?
というツッコミはスルー○(^-^)oイエイ♪ o(^-^)○ イエイ♪


今日は「ウォーターワールド」の感想を紹介しようかと思っています!!(* ̄▽ ̄*)ノ"


この映画の製作年は1995年です!!

監督はケヴィン・レイノルズとケヴィン・コスナーで、脚本がデヴィッド・トゥーヒーとピーター・レイダー〔監督〕です!d(-_^)good!!

この映画の主役はケヴィン・コスナー (マリナー)、デニス・ホッパー (ディーコン)です。(~ヘ~;)ウーン

取り敢えず、この映画の出ている人列挙するとケヴィン・コスナー (マリナー)、デニス・ホッパー (ディーコン)、ジーン・トリプルホーン (ヘレン)、ティナ・マジョリーノ (エノーラ)、マイケル・ジェッター (グレゴール)、ゼイクス・モカエ (プリアム)、ジャック・ブラック (パイロット)、キム・コーツ (放浪者)、R・D・コール (用心棒)って感じですね。d=====( ̄∇ ̄*)bイエーイd(* ̄∇ ̄)=====b

いやあ水生人間っていいよね! 『アトランティスから来た男』みたいで

さ(何故かこのTVドラマ好きだった)。



そりゃまあ、巨額を投じた割に半端なファンタジーなもんで

、違和感が無いでも無いですが、基本的に

こういう、あまり他では観られないような世界を

展開してくれる映画は好きです。



さすがに退屈するほどツマラナイ映画で

もないでしょ?

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

麻雀の役って一杯ありますよね~。( ´,_ゝ`)プッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回はハイテイを説明したいと思います(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


ハイテイツモとは、ハイテイ牌で自摸あがりするあがり役です。

豆知識ですが、東家から始めて誰もポン・チー・ミンカンをしていない時は、
ハイテイ牌は南家が自摸りますが、誰かがポン・チー・ミンカンをした場合は順番が変わるので、
異なる人がハイテイ牌をツモることになるんです。


他に役が無くても上がれますが,
1局につき誰か1人にしかチャンスのない役で、
作ろうと思って作れる役ではありませんため
初めからハイテイ自摸を期待してはいけません!。



海底牌(ハイテイハイ)とは

その局でツモル事の可能の最後の牌を海底牌(ハイテイハイ)と呼びます。

ハイテイロンとは、ハイテイ牌でロン和了りするあがり役です。
正式名は河底撈魚[ホウテイラオユイ]です。

自分が一局の最後の時、無理にテンパイを狙いすぎて完全に安全牌ではない牌をきってしまったりすると、ハイテイロンであがられてしまう時もあります。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

ハイテイ(出現割合:0.94%)
ハイテイには2種類あります。
河底撈魚
最後の牌で出上がりした時に付く役。
実は出現割合:0.63%以上に遭遇している感覚は強いはず。というのも、基本的に麻雀で流局になることもあまり無いが、ラス牌などはリーチをしている状態やテンパイ維持が他家も頭の中を過ぎるはず。456の危険牌なんてそうそう捨てないイメージもあるが、そうでなくともこちらのテンパイが16巡目なども麻雀ではシバシバある。期待するほどではないが、「もしかしたら……」ぐらいで考えておくと良いかもしれない。

海底摸月
最後に引く牌でツモ上がりをすること。狙ってできないのは当然で、視野に入れて打つ必要も全くない。トップを取りに行ってる最中でどうしても点数が足りない時、裏ドラに賭ける状況は全く無くは無いが、さすがに海底摸月は狙いにいけない。上がったらラッキーぐらいに思っておきましょう。


------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・


今から10時間後にはついに待ちに待った大学院2年生の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ニパニパニパッ

DORA麻雀 登録


DORA麻雀 登録




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 17:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 90 $の負け & 映画「フランティック」に関して

よし!!「スポーツの秋」やし、
何か競技を始めることにしましょうかねε=ε=(/*~▽)/キャー

何がいいかな~?アセアセ...A=´、`=)ゞ
やっぱり手軽にやれるやつやっぱり
いや~シンドイと続かないからね~(゚▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽゚*)▽T*)ニパッ♪

考えておきましょう(≧∇≦)ブハハハ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ここ最近映画に夢中になっているのでオススメ映画の感想をご紹介させて頂きたいと考えていますψ(*`^´)ψウケケ

ってあなたのレビューではないの??
というツッコミは華麗にスルーします(^▽^)/


今回は「フランティック」の感想について紹介しようかと思っています。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ


この映画が作られた年は1988年です!

監督はロマン・ポランスキーで、脚本がロマン・ポランスキーとジェラール・ブラッシュです!!Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

この映画でメインで出てくる人はリチャード・ウォーカー演じるハリソン・フォード〔1942年生〕です!!!!(*'へ'*) ンー

この映画の他の俳優さんを列挙すると、エマニュエル・セニエ、ベティ・バックリー、ジョン・マホーニーってな感じ。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

自分がポランスキー監督のことをよく分かっていないのかもしれないけど、

ポランスキー監督らしくない普通の真っ当なサスペンス作品で

あることにまず少々驚いた。



こんな映画も撮れる人なんだなというのが

正直な感想。





そしてハリソンフォード。





この人は嫌いでもないし、特別好きで

もない、正直いってあまり印象もない人だけれども、

この映画の中の彼の演技は素晴らしいと言わざるを

得ない。



異国の地で事件に巻き込まれた「孤独感」「困惑」「いらだち」「必死さ」を

見事に表現していた。

特に子ども達への電話が見事。





普段なら親のいないところでパーティーなんてやっていたり、

深夜に出歩いていたら、どなりつけるものなのに

「楽しみなさい」なんて絶対言わないようなセリフの一つに

「不安感」とともに「安堵感」という表裏した感情を

織り交ぜている。



また、屋上での窓から窓への移動に

おける彼の演技も素晴らしくないだろうか。



唯一の手がかりであるカバンをぶちまけたのに

「もうどうなっても知らんがな」という投げやりな表情を

浮かべている。



そして、劇中における彼の性格や生活感も随所に

にじみ出ていた。





裕福な医者でありなんでも金で解決しようとする姿勢や、

重要な交換条件である自由の女神よりも目の前の女性の命を

優先する姿勢、敵であるはずなのに

心臓マッサージを施す姿や、こんなところで

は会いたくもないはずなのに能天気な医者仲間に

会った時の彼の態度、全てに彼の性格が

あらわれている。



この映画は細かい部分に亘って、演技、

脚本、演出が揃ったなかなかのものと言わざるを

得ない。



謎の女性もなかなかの好演。

最後に金を要求したのも、彼女なりの意地と、

親友を(敵対している相手から)殺されたせめてもの報いを

込めているのだろう。



それにしても、この映画、冒頭のクレジットから「ナインスゲート」に

酷似している気がする。



テーマこそ全く違うが、アメリカから来た男性が

異国の地で否応なく事件に巻き込まれていく、

そしてその登場人物を助ける謎の女が

いるという構図はそっくりだ。

しかし、あちらの評価は相当低くした。

自分にとって、映画における重要な点の一つに

、登場人物の感情の動きが読めるのかどうか、

感情移入できるかどうかという点が

あるのではないかと二つの映画をみて思い知った。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~(= ̄∇ ̄=) ニィ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は四槓子に焦点を当てたいと思います。ヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ


刻子というのは同じ牌が3枚揃っている状態のことですヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪

さらに1枚加えて4枚にすると槓子(4枚組)となるんです。
槓子(カンツ)はそのまま持っていると4枚ですから1枚多く、
カンを宣言することで初めて1つの面子となる。


この槓子(カンツ)を4つ作ると、四槓子(スーカンツ)(スー槓子)という役満になる。

カンをした時にツモるための牌はカン山というところにあるのですが、
それは合計4枚しかありません。

つまり、四槓子というのは自分以外の誰かがカンをしてしまうと新たなカン牌が
足りなくなるので、成立しないんですねアセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ~♪


このような意味においても希少度は非常に高く、まさに役満の中の役満ですd(*'-'*)b イエーイ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

四槓子(出現割合:0.000234%)
都市伝説クラスの役満。
カンを四回すれば良いだけと説明は非常に簡単だが、実際に目にする機会は殆ど無い。
確率的にはワンランク下の三槓子で出現率の高い役満と同じぐらいの確率。
そこからさらにもう一度カンをするといった確率は、想像以上だろう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ「(゚ペ) エットォ…


今から14時間後には待ちに待った大学3年生の友だちとの麻雀だ。
楽しみだワーイ♪ ヘ(゚∇^ヘ)(ノ^∇゚)ノ ヘ(^∇゚ヘ)(ノ゚∇^)ノ ワーイ♪

無料トーナメントが豊富なDORA麻雀


DORA麻雀 登録




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 10:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。