2014年03月11日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 144 $の負け & 映画「犬神家の一族(1976)」の感想

うし!スポーツの秋ということで、
スポーツを習慣にしよう∠(・_・)ラジャ

何がいいかな~?~(=^‥^A アセアセ・・・
やっぱり手軽にやれるやつと駄目ですからね
どうしてかと言うとキツイと続かないからね~[岩蔭|]^⌒)bうふっ

考えておきましょうκ(`・´)κケケケケ♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と思います!!∬´ー`∬ウフ♪
とは言ってもヤフーに載ってる感想ですが('-'*)エヘ


今回は「犬神家の一族(1976)」の感想について紹介しようかと思っています!!!d(>_< )Good!!


この映画が作られた年は1976年です。

監督は市川崑で、脚本が長田紀生、日高真也です(*TーT)bグッ!

この映画のメインは何と言っても!!!石坂浩二 (金田一耕助)です(-_-)ウーム

取り敢えず、この映画の出ている人を列挙すると石坂浩二 (金田一耕助)、高峰三枝子 (犬神松子)、あおい輝彦 (犬神佐清/青沼静馬)、島田陽子 (野々宮珠世)、三條美紀 (犬神竹子)、草笛光子 (犬神梅子)、三国連太郎 (犬神佐兵衛)、川口恒 (犬神佐智)、地井武男 (犬神佐武)、金田龍之介 (犬神寅之介)って感じですね。ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

日本映画独特の“湿気”がたまりません。





晴天のシーンでも、ジットリした空気が

漂っています。



それでいて大野雄二のドライな音楽とピタリと合っているから不思議で

す。



しかも、おどろおどろしい話のはずなのに

ユーモラス。



とりわけスケキヨには、あらためて心を

奪われてしまいました。

薄気味悪いのに笑えるという、奇妙な感覚を

経験できます。





□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

麻雀の役って一杯ありますよね~ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は四槓子に焦点を当てたいと思います!!ヾ(●´▽`●)ノ彡☆勹"ノヽノヽノヽノヽノヽ


刻子(コウツ)というのは同じ牌が3枚揃っている状態のことです(゚▽゚*)ニパッ♪

さらに1枚加えて4枚にすると槓子(カンコ)となる。
槓子はそのまま持っていると4枚ですので1枚多く、
カンを宣言することで初めて1つのメンツとなります。


この槓子(4枚組)を4つ作ると、四槓子(スーカンツ)(スー槓子(カンツ))という役満になるんです。

カンをした場合にツモるのでの牌はカン山というところにあるのですが、
それは合計4枚しかありません。

つまり、四槓子(スーカンツ)というのは自分以外の誰かがカンをしてしまうと新たなカン牌が
足りなくなるんですので、成立しない(^▽^;)


このような意味においても希少度は非常に高く、まさに役満の中の役満ですd=====( ̄∇ ̄*)bイエーイd(* ̄∇ ̄)=====b


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

四槓子(出現割合:0.000234%)
都市伝説クラスの役満。
カンを四回すれば良いだけと説明は非常に簡単だが、実際に目にする機会は殆ど無い。
確率的にはワンランク下の三槓子で出現率の高い役満と同じぐらいの確率。
そこからさらにもう一度カンをするといった確率は、想像以上だろう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ(ーー;).。oO(想像中)



映画「ボビー・フィッシャーを探して」に関して & DORA麻雀の役「槍槓」

今日はこの辺で
けど今日は何故か太ももが痛い。。治ってほしいなあ。。
疲れたので寝よ~っと(-o-;) お(^◇^;)や(◎。◎;)す(T0T) み・・・

DORA麻雀の評判・登録促進




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 04:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。