2014年03月05日

映画「トリック 劇場版(2002)」に関して & DORA麻雀の役「純チャン」

今日も涼しいですね(・◇・)ゞリョウカイッ

こうなると恋人がいない日が悲しくなります^^(‥ )^^^ ~~~ パタパタ

合同コンパ誘ってくれる人いないかな。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!

クリスマスイブへの用意もそろそろせんとヤバイし・・・ブン( ̄ω ̄= ̄ω ̄)ブン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

最近映画にぞっこんラブなので映画のレビューをご紹介させて頂きたいと思いますъ( ゚ー^)イェー♪

え!?テメエのレビューじゃないの?
なんてツッコミはスルーでy( ̄ー ̄)yピースピース


今回は「トリック 劇場版(2002)」の感想について紹介しようかと思っています!!!(^-^)//""ぱちぱち


この映画の製作年は2002年です!!!!

監督は堤幸彦で、脚本が蒔田光治です!!!!(‐^▽^‐) オーホッホ

この映画のメインは、山田奈緒子(神004番)演じる仲間由紀恵です!!(-ω-;)ウーン

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、阿部寛 (上田次郎)、生瀬勝久 (矢部謙三)、竹中直人 (神001番)、伊武雅刀 (長曾我部為吉)、相島一之 (本郷三四郎)、山下真司 (神崎明夫)、ベンガル (神002番)、石橋蓮司 (神003番)、芳本美代子 (南川悦子)って感じですね。キャハハハ!! ヾ(@⌒∇⌒@)ノ彡☆バンバン!!

ホラー嫌いの私は、TV版は見たことないし、

なんか怖い映画なのかな?と思ってたけど、

ちょっと違ってた。



もうちょっと上手く宣伝すれば、ファンが

増えると思うけど。



まあでも一応コメディーなようだし、

映画なのでオチが欲しいんっだけど、

結局母子がどうなったのかもよくわからないし、

なんか救いようのない展開のまま終わってしまっているところが

中途半端というかやや後味が悪いかな?私は

あの変なオバサンは実は手品師師のグルで

、山下慎二が死んだのはヤラセなのかと思ったよ。



なんかそういノリの映画なのかと思ったので





もっとくだらないコメディーに徹して、

最後は適当にメデタシ・メデタシで

終わらせた方がいいと思うけど。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~うふ♪(* ̄ー ̄)v
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は純チャンに焦点を当てたいと思います!!!!ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ


老頭牌自体と、それが含稀る順子だけで役を作ると混全帯公九(混全帯公九)という役になるんです│出口│ヽ(^ ∇^* )ツ....... バイバーイ♪

断公九と真逆の役ということですが、
混全帯公九に含まれている字牌がない状態で、数字牌の123と789という順子(シュンツ)、

または1か9の刻子(コウツ)だけで役を作ると純全帯公九(ジュン混全帯公九(ちゃんた))となります。

混全帯公九よりも難易度が高いため、
面前(メンゼン)で3ハン、鳴いても2翻の役となります・・・(゚_゚i)タラー・・・

実際のシーンでは名前を少し略して「ジュンチャン」と呼ばれることが多いようですヾ(´ー`)ノ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

純チャン(出現割合:0.38%)
全ての順子、暗子、雀頭が一・九が含まれる手。手の上がりにくさは役満以上の割に、三飜は少し微妙だと感じる。しかも他の役との複合も基本的には望めず、それでいて4,5,6を全て切っていくのでリスクも非常に高い。
しかしその頻度と見た目から役自体の人気も高い。従来のオンラインゲームなら少し偏れば狙いに行こうか迷う場面もシバシバあるが、お金がかかっているDORA麻雀では少し厳しいか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。・・・( ̄  ̄;) うーん


今から10時間後にはついに大学1年生の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~x・)ぷっ



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 17:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

映画「ジョゼと虎と魚たち」に関して & DORA麻雀の役「清一色」

昨日も暑かったり寒かったりめんどくさいハイ(^-^")/

そんなわけで秋刀魚が旬ですねε=ε=ε=ε=ε=ヽ(T T)ノ マッテハナー--  ωトコトコ

秋刀魚に合うものと言えばけんちん汁でしょうね( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ニヤリ


そしてこれらに軽く一杯「貴一本」を飲むと最高です(ё_ё)キャハ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を紹介したい!と思います。V(○⌒∇⌒○) イエーイ
とは言ってもヤフーに載ってる感想ですがψ(`┏Д┓´)ψケケケ


今日は「ジョゼと虎と魚たち」の感想を紹介しようかと思っています!!!!ヽ(´▽`)/へへっ


この映画が作られた年は2003年です!!!!

監督は犬童一心で、脚本が渡辺あやです。キャハハ!!彡ヾ(▽≦*)ツ...ヾ(*≧▽)ノ彡キャハハ!!

この映画のメインは何と言っても!!!妻夫木聡 (恒夫)です!!!(-ω-;)ウーン

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、池脇千鶴 (ジョゼ(くみ子))、新井浩文 (幸治)、上野樹里 (香苗)、新屋英子 (ジョゼ(くみ子)の祖母)、真理アンヌ (麻雀屋客(中年女))、江口徳子 (ノリコ)、SABU(サブ) (麻雀屋客(中年男))、大倉孝二 (麻雀屋客(若い男))、中村靖日 (麻雀屋客(恒夫に代打ちを頼む男))ってな感じ。o(*^▽^*)oエヘヘ!

見終わった後、やりきれない気分になった。



やっぱり自分が男だから、妻夫木に

感情移入してしまうのだが、だんだん「そりゃーねーだろー」っていうセリフとか行動が

でてきて、ストレスがたまってしまった。





けどなー、結末をみて、多分人間てこの程度のものなんだろうなーとも思った。



そういう意味では、甘えとか自己欺瞞とかを

ストレートに見せてくれるいい映画かもしれない。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

麻雀の役って一杯ありますよね~。U=^▽^)キャッキャッキャッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は清一色に焦点を当てたいと思います。ヾ(( ゚)д( ゚))ノイヒヒヒヒー♪


同じ種類の数字牌だけで役を完成させると、チンイツという高得点役になるんです( ⌒▽⌒)( ⌒▽)(  ⌒)(   )(⌒  )(▽⌒ ) ニヤニヤ

同じ種類の数字牌で染める役としては混一色(ホンイツ)もありますが、
こちらは混一色(コンイツ)に含まれている字牌すらない状態で、初めて成立します(*゚-゚)ニコッ(*゚ー゚)ニヤッ(*゚ー+゚)キラッ


その難易度はなかなかのもから、役の数についてもメンゼンで6翻、鳴いても5ハンです。

鳴いても単体で満貫を超える役というのはなかなかないから、チンイツはかなりの高得点役だと言っても良いのではないかと思いますー((( ^o^)ー(( ^o^)ー  一緒に落ちます♪


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

清一色(出現割合:0.94%)
「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
------------------------------------------------------

・・・とこんな感じエートォ (・o・) エートォ


今晩はこの辺で
けど今日は何故か頭が痛い。。治ってほしいなあ。。
さよなら~(θωθ)おやすみ~☆

DORA麻雀のルールについて




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 06:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。