2014年03月30日

映画「青の炎」のレビュー & DORA麻雀の役「立直」

庭の畑には依然としてマッシュルームがねばっています( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ
そしてごぼうを育てようかと思って、
2週間ほど前から鉢でカリフラワーを育てていて現在はふっさふさです|* ̄∇ ̄|ニヤッ

もうちょっとしたら入れ替えるつもり♪柱|皿 ̄)q゙ウシシシシ

早く来ないかな~C= C= \(;・_・)/

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と燃えております!!!!アヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ
ってヤフーに載ってる感想ですがヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!


本日は「青の炎」の感想を紹介しようかと思っています。ヾ(>▽<)oきゃはははっ!


この映画の製作年は2003年です!!!

監督は蜷川幸雄で、脚本が蜷川幸雄です!( ̄ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)ー ̄)分身ニヤリ

この映画の主役は二宮和也 (櫛森秀一)と松浦亜弥 (福原紀子)です!!!!なんだっけ?(゚~゚)ヾ

取り敢えず、この映画の出ている人列挙すると二宮和也 (櫛森秀一)、松浦亜弥 (福原紀子)、鈴木杏 (櫛森遥香(特別出演))、秋吉久美子 (櫛森友子)、山本寛斎 (曾根隆司)、中村梅雀 (山本英司)、六平直政 (加納雅志)、竹中直人 (私書箱の男)、唐沢寿明 (神崎慎太郎)ってな感じκ(`・´)κケケケケ♪

前評判の通り良かったです。

とても切なくやり切れない気分でいっぱいで

した。

始まりから終わりまで物語の雰囲気が

、悲しい感じでしたね。



二宮君はとっても良かった、あややとの絡みが

もう少しあった方がよかったなぁ…なんて思ったけれど、

あれぐらいの微妙な距離感が丁度いいのかも、

と後で思いました。

にしても、辛い話しだなぁ。



◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~。(*'ー'*)ふふっ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は立直を説明したいと思います!!!!o(>▽▽<)oキャハハ


聴牌後に「立直」と宣言をして、
捨て牌を横に曲げてから1000点棒を場の中央におくと成立します。

リーチしたのちは、手変わりができないルールがあり、
あがるまでツモ切りします。

例外としては待ち牌(和了牌)が変わらない暗カンはできます。

しかし、和了牌が出たからと言って、必ず出和了りしないといけない訳ではありません。

自摸った場合も同じ。


テンパイしていないリーチは、流局時にチョンボ(満貫払い)
となります(ミスだとしても注意不足として嫌がられます)。

鳴いた場合にはルール上、リーチはできない(>▽<;; アセアセ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

立直(出現割合:45.1%)
面前であることが絶対条件。麻雀でテンパイできる状態で、リーチを宣言するだけ。
通常の麻雀とは少し違い、赤ドラが無いDORA麻雀では裏ドラに頼りたいので立直をガンガンかける初心者の様な打ち方も案外悪くないかもしれない。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じエートォ (・o・) エートォ


この辺りで!
今日は鼻が痛いなあ
明日もあるしおやすみ~お(^o^) や(^O^) す(^。^) みぃ(^-^)ノ゙



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 03:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

映画「オーケストラ!」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 162 $の負け

本日は正午過ぎから雨みたいだわΣ( ̄ε ̄;|||・・・

天気がわるいなら嫌だな~(゚∇゚ ;)エッ!?

同僚との約束があるんだよね(〃 ̄▽ ̄〃)_・) ソォーッ
まっ、いっか♪
キャンセルだ川 ̄┏ー┓ ̄川ニヤリ

---------------------------------

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と考えています!プププッ (*^m^)o==3
とは言ってもyahooレビューですが(゚m゚*)プッ


本日は「オーケストラ!」の感想を紹介しようかと思っています!!!!ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪


この映画の製作年は2009年です

監督はラデュ・ミヘイレアニュで、脚本がマシュー・ロビンス、ラデュ・ミヘイレアニュです\(^▽^)/

この映画のメインは何と言っても!!!アンドレイ・フィリポフ演じるアレクセイ・グシュコフです!!!(ーー;).。oO(想像中)

この映画の他の俳優さんを列挙すると、メラニー・ロラン、ミュウ=ミュウ、リオネル・アベランスキ、フランソワ・ベルレアン、ヴァレリー・バリノフ、アンナ・カメンコヴァ、ドミトリー・ナザロフってな感じヤッタァー!\(`∇\)(/`∇)/ヤッタァー!

予想に反してベタな笑いドコロがふんだんに

盛り込まれており、よく笑わせてもらいました。

全編を通して人情喜劇的な流れの中、

今もロシアの人々の心やロシア国内に

根深く残っているのであろうソ連の時代の負の影響や、

人々のその時代への様々な思いが分かりやすく上手く描かれていました。



最後に来て最高の盛り上がりを見せるコンサートのシーンは

素晴らしかったし、メラニー・ロランの輝く存在感が

際立っていました。



更に、残念ながら他の作品を見る機会が

なかなか無いロシアのベテラン俳優たちの人間味あふれるコミカルな演技も素晴らしかったで

す。







---------------------------------

麻雀の役って一杯ありますよね~。o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は純チャンを説明したいと思います( ^^)/ロ≧☆チン!≦ロ\(^^ )


喰い下がりありの三翻役(鳴いた時二ハン役)。

チャンタの字牌がないバージョン、
つまり11・99・123・789・111・999だけで構成する役です。

見ての通り難易度は高く、そしてバレバレです。

11・99・111・999だけで構成した場合、清老頭という役満になるんです。

面前で上がるのも困難だけど、
鳴いてしまうと手変わりの余地がほとんどなくなってしまうという大きなリスクを背負うことになりますヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~

難易度・リスク・打点から見て積極的には狙うべき役ではないだろうヾ(;´▽`A``アセアセ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

純チャン(出現割合:0.38%)
全ての順子、暗子、雀頭が一・九が含まれる手。手の上がりにくさは役満以上の割に、三飜は少し微妙だと感じる。しかも他の役との複合も基本的には望めず、それでいて4,5,6を全て切っていくのでリスクも非常に高い。
しかしその頻度と見た目から役自体の人気も高い。従来のオンラインゲームなら少し偏れば狙いに行こうか迷う場面もシバシバあるが、お金がかかっているDORA麻雀では少し厳しいか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。σ( ̄、 ̄=)ンート・・・


今から11時間後にはやっと浜学園の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだ(  ̄ー) ヨコガオニヤリ



おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 19:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 114 $の負け & 映画「死刑台のエレベーター(1957)」の感想

今日は10時から晴れみたいだわ(≧m≦)ぷっ!

天気がいいならば外出してみよう( =①ω①=)フフフ

■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここんとこ映画にハマっているので映画の感想をご紹介したいと燃えております!( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) カンパーイ

え!?お前のレビューじゃないの?
という突っ込みはスルーで( ̄ー ̄)ニヤリッ


今回は「死刑台のエレベーター(1957)」の感想を紹介したいと思っています。 クルクル(・_・)(_・)()(・_)v(゚∇^*)⌒☆ブイブイッ! 


この映画が作られた年は1957年です

監督はルイ・マルで、脚本がロジェ・ニミエ、ルイ・マルです!V(○⌒∇⌒○) ルンルン

この映画でメインで出てくる人はモーリス・ロネ (ジュリアン・タベルニエ)、ジャンヌ・モロー (フロランス・カララ)です。(・x・ ).o0○

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、リノ・ヴァンチュラ (シャリエール警部)、ジョルジュ・プージュリー (ルイ(チンピラ))ってな感じ。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

ひとつのミスから、殺人計画の筋書きが

狂っていく。



主人公の知らぬ間に事態は悪化。

予想もしない方向へ進んでいく物語を

興味深く観られました。





ただ“完璧な計画”でも“僅かなミス”で

もなかったのが残念。

特に主人公がエレベーターに閉じ込められる“タイミング”が

問題だったと思います。



鉤爪付きロープ回収後ならまだしも、

閉じ込められた挙句に肝心の証拠隠滅もままならないで

は、どうしようもない。



この時点で計画は破綻してしまっています。



呑気に朝めしなんか食べている場合じゃありません。





また、バカップルの所在が簡単に割れてしまうのももったいない。

2人は展開を複雑にするキーパーソン。





立ち回り方にもうひと工夫あっても良かったと思います。



もっとスリリングに仕上がる要素を

孕んでいただけに、惜しい気がしました。



なお特筆すべきは、カララ夫人の心象描写の丁寧さ。



音楽と相まって印象的なシーンを創り出していました。

ここが通常のサスペンスで終わらない本作の良いところだと思います。



結末は意外なほどあっさり。



物足りなく感じました。



自分には上品過ぎたかも。



濃口に慣れると薄口に戻れないのは

、料理の味付けも趣味の嗜好も一緒のようで

す。





■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~。( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄────☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)キラーン
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は混老頭を説明したいと思います!!(‐^▽^‐) オーホッホ


2ハン役だが、対々和(といといほー)もしくは七対子(ちーといつ)が必ず複合するから、実質的には4ハン役でしょう。

チャンタの対々形式または七対子(チートイツ)形式の上位役であるので、
混全帯公九とは複合しないんです。

役牌や混一色(こんいつ)などと複合しやすく、三暗刻(サンアンコ)、三色同刻(サンショクドウコウ)と複合することもあります。

対々形の場合は混老対々、七対形の際は混老七対と呼ばれるヾ(゚、゚*)ネェネェ


字牌を用いない形は清老頭、逆に字牌だけだと字一色(つーいーそー)となり、どちらも役満となります。

なお、混老頭で使える牌13種全てを使うのが國士舞双でしょう。


実戦では、国士狙いから対子や刻子(こうつ)が増えてゆき、
ポンして混老頭(ホンロウトウ)に移行するというパターンも多い。

ただし、あまり派手に鳴きすぎると他の人の警戒を招く役でもあります( ゚o゚)ハッ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

混老頭(出現割合:0.08%)
国士無双の延長線上で展開されるのがこの混老頭。
二翻役ではあるものの、対々和が100%入るので実際は満貫が約束されている役。三人麻雀ではそこまで難しい役でもないので、赤ドラが無いDORA麻雀で満貫確定というのも魅力なので狙いに行く価値はあるかも?

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。(?(。_。).。o0O??


今日はこの辺で
けど今日は何故か腰が痛い。。治ってほしいなあ。。
明日もあるしおやすみ~オ(・ェ・)ヤ(・ェ-)ス(-ェ・)ミ(-ェ-)。o○Zzz…

麻雀の戦略やその他諸々




おすすめ記事




posted by 佑樹ごン多 at 12:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。